早漏予防

MENU

早漏の予防には硬さが大事!

早漏の予防には、なんといっても硬さが大事です。

 

早漏の原因となるのは、亀頭がとても敏感だからです。
亀頭が敏感であるために、些細な刺激でもると性行時の際も、
わずかな刺激で射精してしまいます。

 

包茎というのは常に亀頭が包皮によって守られているので、
外的刺激に対して耐性が弱いものであり、性交の時にある刺激には、
敏感になりますので早漏へとつながりやすくもあります。

 

 

心理的要因も少なからずはありますので、
トラウマになっていることも考えられます。

 

 

女性に笑われたり、過去の失敗の傷が残っていたり、
性交に関わる不安や性行為などの要因や、包茎や短小といった
コンプレックスも、同様に心理的な要因となりまう。

 

これらは結果として、早漏になるケースがあります。
これらの蓄積で、早漏のみいではなく勃起不全になることもあります。

 

早漏予防として大切になるのは、本人の射精タイミングを理解しておくことです。
知ることは困難と考えるかも知れないですが、オナニーを
普段している時には、どの状態で射精が我慢できなくなるのか把握をしましょう。

 

こうした自己分析が、早漏予防にも役立ちますし、足がかりとなります。

 

 

 

射精のタイミングを何も考えないで見極めるのは難しいために、
勃起の状態から射精までを、明確にステップごとに分けてしらべましょう。

 

最初のステップが完全に勃起した状態、次のステップが快感を感じ始めた状態、
そして次が安定した状態で、その次が射精がもよおされてきた状態を、
ラストは射精した時といった具合に考えます。

 

 

このステップ分けをして行く作業を頭で考えて、勃起から射精の状態を
覚えておいて、性交のときにも早漏予防に取り組む事が、できるようになります。